SPICA プロフィール

SPICA(スピカ)は、バイオリンとアコースティックギターの二人の奏者で構成され、イベントやお祭りから小さなパーティーなど場所を選ばずに生演奏のできるデリバリーユニットです。

皆さんがよく知っている曲、聞き覚えのある曲など、世代を越えて愛され支持されている歌謡曲、演歌、ニューミュージックなどの名曲をバイオリンとアコースティックギターを担当するの二人の奏者がトークを交えながら生演奏し、心温まる時間を皆様にお届けします。

2004年

ギターのMASAを中心に世代を越えて愛される曲をより身近で楽しめるよう活動を始める。
同年、小牧スパガーラにて初のライブを行う。

2005年

プロデュースに中川祐希(transquillo)、バイオリンに五十嵐貴子(RUNE)、竹永真奈美(RUNE)、申愛聖(drop)を迎え、ファーストアルバム「デリバリークラシックVo.1」をリリース。
同年より道の駅「パスカル清見」にてイベントを始める。
現在までに、道の駅や施設慰問、企業パーティー、ショッピングモール、中学校、中華料理店等、幅広い場所で活動している。

バイオリン奏者は、主に関東地方では「五十嵐貴子」が、中部地方では「竹永真奈美」が担当しておりますが、他にも各方面で活躍中のバイオリニスト数名が所属し、さまざまな地域での演奏活動を可能にしております。
詳しくは、「MAIL」ページよりお問い合わせ下さい。

このページのトップへ